故人が祖母・明るい性格・旅行が趣味だった場合の喪主挨拶の例文です。

喪主が葬儀のスピーチをしている画像

喪主挨拶の例文
故人:祖母 | 性格:明るい | 趣味:旅行

本日はお忙しい中、亡き○○○○の葬儀にご会葬くださいまして、誠にありがとうございます。
私は孫の○○○○でございます。
また、生前の皆様のご厚誼につきましても、遺族を代表いたしまして厚くお礼を申し上げます。

祖母は、3月26日に入院先の病院で肺炎の為88歳で息を引き取りました。
生前の祖母は、とても明るくとにかく誰にでも分け隔てなく話しかけるような人でした。
その為友人も多く、毎日のように出かけてはたくさんの友人たちと話をしていたようです。
そんな祖母が一番楽しみにしていたのが旅行でした。
私が子供のころは、頻繁に友人と旅行に出かけていて、国内では行っていないところはないというくらいいろいろなところへ行っていました。
もちろん家族旅行も大好きで、祖母が自ら旅行の計画を立てては家族で出かけていました。
私は祖母が「旅行に行こう」と声をかけてくれるたびに今度はどんなところに連れて行ってくれるのかとても楽しみにしていました。
そんな祖母も私が成人する頃には頻繁に体調を崩すようになり、入退院を繰り返すようになりました。
最後に家族旅行をしたのは3年ほど前で、帰ったときにはいつものように「また行こうね」と言っていたのですが、残念ながら叶えることはできませんでした。

本日このようにたくさんの人が祖母のためにお集まりくださったのを見て、改めて祖母の人柄が偲ばれるようでうれしく思います。
どうか祖母亡きあとも変わらぬご支援のほどお願いいたします。
本日は誠にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です