故人が母・温厚な性格・旅行が趣味だった場合の喪主挨拶の例文です。

喪主が葬儀のスピーチをしている画像
喪主挨拶の例文
故人:母 | 性格:温厚 | 趣味:旅行

本日は母〇〇の葬儀にご会葬いただきまして、誠にありがとうございました。
ここ最近は体がだるいと度々口にしておりましたので、先日病院に診断を受けに行ったのですがそこで初めて重い病を患っていることが発覚し、すぐに入院となりました。
しかし病状は治らず、〇月〇日に昏睡状態に陥りそのまま帰らぬ人となってしまいました。
温厚な性格でしたので生前は見舞いに行ってもこちらを気遣うような配慮を見せてくれてもいましたが、できればもう少し早い段階で辛さを訴えていたのなら、と今は悔やんでいます。
家族に心配させたくない優しい性格がそうさせたのかもしれません。

母は旅行が趣味でしたので北海道や九州、その他国内の様々な場所に一人で行ったり、また四国のお遍路に仲間の方々と出向いたりと活発な一面もありました。
一度一緒に旅行に行こうと誘われたこともあったのですが仕事も忙しく、また気恥ずかしいこともあって断ってしまい、後悔しているところです。

今日ご参列の方の中には母と一緒に国内旅行を楽しんだ方も複数お越しいただいておりますが、これまでご厚情を賜りましたこと、母に代わりまして篤くお礼申し上げます。
本日は本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です