故人が兄弟(姉妹)・温厚な性格・旅行が趣味だった場合の喪主挨拶の例文です。

喪主が葬儀のスピーチをしている画像
喪主挨拶の例文
故人:兄弟(姉妹) | 性格:温厚 | 趣味:旅行

本日はご多忙の中、私共の姉○○の葬儀にご集まりいただきまして、誠にありがとうございました。

これまで病気をしたことなどなく、また年齢的にもまだまだこれからといった姉でございましたが、不幸にもつい先日、不慮の事故にて帰らぬ人となってしまいました。
ちょっとした油断や人為的なミス、めぐり合わせの悪さが重なってしまうとこのような結果になってしまうのだと頭では分かっても、やはり悔しくて悲しい思いが溢れてきます。

さて、私より5つ年上であった姉はあまり自分の意見を主張するようなことはなく、両親に聞いても子ども時代からあまり世話を焼かせるようなことはなかったとのことでした。
私も特に仲違いするような経験はありませんでしたし、温厚で物静かな性格が特に印象に残っております。

友人も特別多いようなことはございませんでしたが、それでも今日は学生時代から付き合いのある方が何人も来てくださっており、本人も喜んでいることと思います。
学生時代にはヨーロッパや東南アジア諸国に一緒に旅行に行った話なども聞いており、本当に生前は格別のご厚情をくださりありがとうございました。

また会社の方々にも生前のご厚情、そしてご厚誼を賜りまして、本人に代わって篤くお礼申し上げます。
それではこれにてご挨拶を終わらせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です