故人が祖母・物静かな性格・旅行が趣味だった場合の喪主挨拶の例文です。

喪主が葬儀のスピーチをしている画像
喪主挨拶の例文
故人:祖母 | 性格:物静か | 趣味:旅行

親族を代表いたしまして皆様に挨拶を申し上げます。
孫の○○○○と申します。
本来は父が喪主を勤めるところですが、現在入院中のため父に代わり、孫の私がご挨拶させて頂きます。

本日はお忙しいなか、また急な事にも関わらず、祖母○○○の葬儀告別式へご参列いただきまして誠にありがとうございます。
祖母は物静かな人で、あまり家では自分の事を話す人ではなかった事もあり、お恥ずかしながら私も父も祖母の交流関係等はあまり知らされておりませんでした。
そのため、本日こんなに多くの方にお越しいただけたこと、孫として嬉しく思っております。

親しい方はご存じかとは思いますが、祖母の趣味は旅行でした。
私も実家を出ている事もあり、成人してからは祖母に会う回数も減ってしまっていたのですが、時々お土産を取りにおいでと連絡をくれ、家に行くとお土産と一緒に、旅行先で撮った写真をよく見せてくれました。
今回、式場に飾らせて頂いています写真は、祖母の旅行先で撮影した写真の一部です。
本当は私だけでなく、いろんな方に見てほしかったのではないか。
そう思い今回、飾らせて頂きました。
お時間がありましたら、是非見ていってあげてください。

あらためまして、祖母の生前中はひとかたならぬご厚誼にあずかり誠にありがとうございました。
今後ともかわらぬご厚誼、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。
本日は誠にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です