故人が娘・温厚な性格・芸術が趣味だった場合の喪主挨拶の例文です。

喪主が葬儀のスピーチをしている画像
喪主挨拶の例文
故人:娘 | 性格:温厚 | 趣味:芸術

本日は故、○○の為にこのように多くの人にご会葬いただき誠にありがとうございました。
故人に代わりお礼申し上げます。
私は○○の母、○○でございます。

娘の○○は幼いころに父を病気で亡くし、私が女手一つで育ててきました。
父親がいないという事を負い目に感じぬよう精いっぱい努力してきたつもりですが、娘も私の苦労を知ってか小さいころからよく手伝ってくれました。
温厚で誰にでも優しかった娘が好きだったのが、美術館巡りでした。
社会人になり、仕事についてからも休みのたびに私を誘って様々な美術館や博物館に連れて行ってくれました。
そんな優しい娘が会社で倒れたという話を聞いたのは、今から1年ほど前の事です。
原因は肝臓がんでした。
すでにかなり進行しており、担当の先生からは余命半年と言われましたが娘には伝えることができませんでした。
本人は最後まで元気になると頑張っていましたが、8月29日に37歳の若さでこの世を去りました。

生前はたくさんの方にお見舞いに来ていただきありがとうございました。
まだ気持ちの整理がつかず現実を受け止めることができませんが、娘のためにもこれからもしっかりと前を向いていきたいと思います。
本日は誠にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です