故人が父・温厚な性格・旅行が趣味だった場合の喪主挨拶の例文です。

喪主が葬儀のスピーチをしている画像
喪主挨拶の例文
故人:父 | 性格:温厚 | 趣味:旅行

皆様本日は故○○○○の葬儀告別式にご参列頂きまして、誠にありがとうございます。

私は○○○○の長男にあたります、○○○○と申します。
本日は急のことにも関わらず、大勢の方にお集まり頂き、正直父がどれたけ沢山の方に支えられていたのかと、驚きと嬉しさに言葉がございません。

私の知る父はとても温厚な人で、父が怒った姿を見たことがないと言っても過言ではない程でした。
私はどちらかといえば、気は長くない方なので、父にどうやれば父さんみたいに気が長くなれるのか?と昔聞いた際、「沢山の場所で景色を見れば、今腹を立てていることがどうでも良くなる」と話してくれたことがとても印象に残っています。

父は旅行が趣味だったので、よく昔は旅行へ行きました。
私達が家を出てからもよく、一人であちらこちらに行っていたようです。
今思えば旅行は父のストレス発散だったのかもしれません。
もっと一緒に行けば良かった。と今は後悔が残っています。

父さん、生まれ変わったらまた一緒に旅行にいこうな。

最後になりましたが、生前は大変お世話になりましたこと故人に代わり御礼申し上げます。
また、今後とも私達遺族に対しましても、生前と変わりなく接して頂けましたら幸いでございます。
本日は誠にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です