故人が祖母・頑固な性格・旅行が趣味だった場合の喪主挨拶の例文です。

喪主が葬儀のスピーチをしている画像

喪主挨拶の例文
故人:祖母 | 性格:頑固 | 趣味:旅行

故人の孫○○○○でございます。
喪主として一言ご挨拶申し上げます。
本日はご多忙のところ、祖母○○○○の葬儀にご会葬を賜り誠にありがとうございます。

元々体が丈夫なことが自慢だった祖母ですが、近年は病気がちで自宅で静養しておりました。
そして一昨日、95歳の大往生を遂げ静かに息を引き取りました。

がんこな性格であった祖母ですが、旅行を趣味としていて頻繁に出かけていました。
旅行に一緒に行くのはほとんどが祖父で、祖父が現役のころは土日を利用して国内旅行、会社を退職してからは海外旅行に行くことが多かったようです。
祖父母が旅行に出かけると、いつも山ほどのお土産を買ってきてくれ、私はそれを楽しみにしていました。
その土地のおいしい食べ物や変わった置物など、いつも見たことのないものばかりのお土産が宅急便で送られてくるのですが、子供の私にとってはまるで宝箱のようでした。
足腰が弱り旅行出かけることが難しくなってからも、いつも旅行雑誌を眺めては「今度はここに行ってみたい」とよく話していました。

自宅静養中は皆様からの心強いお励ましやお見舞いをいただき、本当にありがとうございました。
今後とも亡き祖母同様ご指導のほどよろしくお願いいたします。
本日はどうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です