公正証書遺言とは

葬儀専門用語を解説する葬儀マナーの達人画像

葬儀の専門用語 / 公正証書遺言とは

公正証書遺言(こうせいしょうしょいごん)とは遺言の一種で、公証役場へ行き、2名以上の証人が立ち会いを行う中、本人が遺言内容を口述し、それを公証人が記述するという方法で残す遺言です。

遺言書の原本は公証役場で保管されますので、紛失や偽造されることに対しての心配がありません。
遺言の方法としては、この他自筆証書遺言や秘密証書遺言がありますが、この公正証書遺言が最も安全で確実と言われています。

一方で、基本的に証人は自分で用意しなければならないこと、費用がかかること、遺言内容を自分だけの秘密にはできないことなどのデメリットもあります。

せれもにスタッフ
公正証書遺言は、費用や手間がかかるものの、もっとも安全で確実な遺言の残し方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です