開眼とは

葬儀専門用語を解説する葬儀マナーの達人画像

葬儀の専門用語 / 開眼とは

開眼(かいげん)とは、仏像や仏画を完成させるにあたり、最後に眼を描き入れて魂を込めることです。
魂を込めるのではなく、「仏像や仏画にもともとあった仏性(ぶっしょう)を目覚めさせる、呼び起こすのだ」という考え方もあります。

仏像や仏画は、開眼をもってはじめて礼拝の対象になるとされています。
なお、この開眼させるための儀式のことを開眼供養、開眼法要、入魂式、魂入れ、性根(しょうね)入れなどと呼びます。

もともと開眼の儀式は、仏像や仏画に対して行われていましたが、墓石や位牌に対しても行われるようになっています。

また開眼は一般的に、真理を悟ること、物事のコツを掴むことという意味でも使われます。


まとめ!
せれもにスタッフ
開眼とは、仏像や仏画などに魂入れを行うことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です