故人が母・温厚な性格・芸術が趣味だった場合の喪主挨拶の例文です。

喪主が葬儀のスピーチをしている画像
喪主挨拶の例文
故人:母 | 性格:温厚 | 趣味:芸術

この度は母○○の葬儀にご多忙の中お集まりいただき、誠にありがとうございました。

ここ数年は物忘れがひどく、また少しずつ認知症が進行していきましたので晩年は施設で生活している母でしたが、温厚な性格はそのままでスタッフの方を困らせるようなことはほとんどなかったと聞いており、母らしいなと思うエピソードです。
物心ついた時から今日にいたるまで母に激しく怒られたというような記憶はなく、また家庭内でちょっとしたトラブルがあった際も母の温厚な性格があったからこそ乗り越えることができたと今は思うところです。

手先が器用だった母は自分で服を制作するような人でしたので、服の直しやボタンの留めなどはいつも頼んでいましたし、またカルチャー教室でパッチワークや押し花、革細工といったものも行っていましたので家の中にはそういった作品が溢れており、母のこだわりの性格にはいつも感心していました。

先日インフルエンザに罹ってからは体調が元に戻ることなく肺炎を起こして亡くなってしまったわけですが、これといった親孝行を行うことなく逝ってしまったことに後悔の念が大きくなっています。
皆さんにとって温厚な人物であったと思いますが、私たちにとっても優しい笑顔をいつも振りまいてくれるかけがえのない存在でした。
今まで本当にありがとう、安らかに眠ってください。

生前のご厚誼承りましたこと、母に代わりましてご挨拶させていただきます。
本日は本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です