倶会一処とは

葬儀専門用語を解説する葬儀マナーの達人画像

葬儀の専門用語 / 倶会一処とは

倶会一処(くえいっしょ)とは、「ともに同じところに集う」、「ともに同じところで会う」という意味です。
倶会一処は、『仏説阿弥陀経』というお経で説かれている言葉で、阿弥陀様の力によって、皆が浄土の世界に導かれ、そこで再会させていただくという考え方です。

このため『仏説阿弥陀経』を重要視している浄土宗や浄土真宗のお坊さんによる法話では、この倶会一処にまつわる話を耳にする機会が多くあります。
また、浄土宗や浄土真宗のお墓では「南無阿弥陀仏」のほか、墓石に「倶会一処」と彫刻されることもあります。
あちらの世界に行っても、御先祖様、故人とまた同じ場所で会いましょうという願いを込めて「倶会一処」と墓石に刻まれます。

せれもにスタッフ
倶会一処は、大切な方との再会を信じ、願う気持ちが込められた言葉です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です