新版 葬儀・法要・相続・お墓の事典を無料トライアル実施中のU-NEXTから電子書籍で購読

新版 葬儀・法要・相続・お墓の事典 オールカラー画像

葬儀本特集! 新版 葬儀・法要・相続・お墓の事典

せれもにスタッフ
葬儀や法要、相続、お墓。
どれも人生で必ずと言っていいほど関わることですが、苦手意識を持っている方が多いと思います。

でもそんな先のことと理解することを後回しにしてしまうと、後々大変な思いをしてしまいます。
例えば故人の長男など、初めて喪主を務めることになった方には共感いただけると思います。

もし将来のことを思って、葬儀関連の情報にも触れておこうと思っている方は是非、当ページでご紹介する「葬儀・法要・相続・お墓の事典」をお読みになってください。

今すぐ読まなければ!という方も大丈夫です。
「葬儀・法要・相続・お墓の事典」は電子書籍化されているからです。

電子書籍配信サービスのU-NEXTで公開されています。
31日間無料トライアルを実施すれば、格安購読ができます!

※「葬儀・法要・相続・お墓の事典」は、31日間の無料トライアルで付与されるポイントを消費することで格安で読むことが可能です。2019年10月27日現在はU-NEXTで配信されていますが、今後は配信停止となる可能性もございます。

葬儀・法要・相続・お墓の事典とは

葬儀・法要・相続・お墓の事典は、2015年10月7日に西東社より発売された葬儀関連本です。
著者は浅野まどかさんです。

その名の通り、葬儀・法要のこと、それに伴う相続やお墓のことなどがわかりやすく解説されています。

面倒で難解な各種手続き方法についてはコレ、1冊で大丈夫です。
カラーなのでわかりやすいと思いますよ!

葬儀・法要・相続・お墓の事典の内容

葬儀・法要・相続・お墓の事典に収録されている内容は、電子書籍配信サイトのU-NEXTで少し公開されています。
どのような内容なのかが気になる方のために下記に引用させていただきます。

【葬儀から先々の法要、お墓、相続、お金のことなど「送り」にかかわることがわかります!】 知らないと困る「手続き」から、しきたり、お金、今どき事情まで、多くのイラストやチャートを使って、わかりやすく解説しました。本書を事前の安心、「その時」の対応に役立てください。*本書は、「 葬儀・法要・相続・お墓・相続がわかる事典」(2009年9月刊行)をオールカラーに再編成・カラー化し、手続き資料も加え、書名を変更したものです。【目次】はじめに第1章 葬儀を執り行う 第2章 新しい葬儀・埋葬第3章 葬儀後にすること第4章 法要と供養第5章 相続と相続税第6章 お墓について考える第7章 死への準備と遺言コラム今どき事情Q&A<電子書籍について>※本電子書籍は同じ書名の出版物を底本とし電子書籍化したものです。※本電子書籍は固定型レイアウトタイプの電子書籍です。※本文に記載されている内容は、印刷出版当時の情報に基づき作成されたものです。※印刷出版を電子書籍化するにあたり、電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。また、印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。株式会社西東社/seitosha

手続き資料が付属しているところがとても便利です。
電子書籍版でも印刷して使えます。

葬儀・法要・相続・お墓の事典は無料トライアルのU-NEXTから購読!

葬儀・法要・相続・お墓の事典は、書店からの購入よりも、冒頭からオススメしている電子書籍としてお読みいただけるU-NEXTからをオススメします。
電子書籍であればスマートフォンやタブレット、PCだけでなく、ご自宅のテレビでも読むことができるのでとても便利です。

通常、電子書籍や電子コミックと言うと、Amazonのキンドルや楽天KOBOが有名ですが、電子書籍・動画配信サイトU-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、無料で付与される600円分のポイントを使って、葬儀・法要・相続・お墓の事典を格安購読をすることができます。
葬儀・法要・相続・お墓の事典は、1287円分のポイントで購読できます。

31日間の無料トライアル中にU-NEXTを解約すれば翌月から発生する月額料金がかかりません。
是非、U-NEXTの31日間無料トライアルを利用して、葬儀・法要・相続・お墓の事典を電子書籍でご覧になってください。

葬儀・法要・相続・お墓の事典 U-NEXT視聴ページへ

葬儀マナー以外で必要なこと

せれもにスタッフ
身近な人が亡くなった時に役立つ本をご紹介させていただきました。
最後に身近な人が亡くなった時に故人の喪主・親族がやっておきたいことをご紹介させていただきます。

それは葬儀費用の見積もりを取り、葬儀社・斎場を比較することです。

葬儀費用はとても高額ですので、適当に決めてしまい、後々の請求で苦しまないようにしましょう。
例えば亡くなった病院から紹介された葬儀社にそのまま葬儀を依頼するのは避けたいものです。

ブラックボックス化されているとも揶揄されることのある葬儀費用は、競争の原理が働かない状況ではとても高額なものとなってしまいます。
複数の葬儀社と比較されることを前提として出される見積もりとは比べ物にならないほどです。

実際に複数の業者に見積もりを依頼し、葬儀費用を比較するという作業を経験するとわかることです。
下記の葬儀比較特集ページに、喪主や親族の方がやるべき葬儀の費用や条件の比較方法についてまとめていますので、是非、お役立てください。

葬儀費用の比較ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です