葬儀屋と納棺師が語る不謹慎な話を無料トライアル実施中のU-NEXTから電子書籍で購読

葬儀屋と納棺師が語る不謹慎な話の表紙画像

葬儀本特集! 葬儀屋と納棺師が語る不謹慎な話

せれもにスタッフ
当サイト、せれもには葬儀のポータルサイトです。
主に葬儀業者と斎場の比較、喪主様のための代表挨拶・スピーチ作成をサポートするコンテンツが多いですが、葬儀本の特集もしております。

当ページでご紹介するのは、葬儀屋と納棺師が語る不謹慎な話という葬儀に関連した書籍です。
葬儀の裏側を知ることができる内容です。

現在、電子書籍配信サービスのU-NEXTに申し込むことで読むことができます。
31日間無料トライアルを実施すれば、格安購読ができますので興味のある方は是非、ご覧ください。

※「葬儀屋と納棺師が語る不謹慎な話」は、31日間の無料トライアルで付与されるポイントを消費することで格安で読むことが可能です。2019年10月15日現在はU-NEXTで配信されていますが、今後は配信停止となる可能性もございます。

葬儀屋と納棺師が語る不謹慎な話とは

2015年7月30日に発売された葬儀屋と納棺師が語る不謹慎な話は、著者が「おがたちえ」さんで、監修が「nontan」さんです。
出版社は竹書房、レーベルはバンブーコミックス エッセイセレクションとなっております。

葬儀の裏側を知ることのできる葬儀屋と納棺師が語る不謹慎な話という書籍は、葬儀屋と納棺師という葬儀のプロがそれぞれの立場で葬儀の実情を語るところに面白さがあります。

時に生々しく、人間の嫌な部分まで見えてしまうがために不謹慎な話になってしまうのは致し方ないことなのかもしれません。
人の死に関わることだけに、ブラックボックス業種とも言われ、普段は滅多に表に出ない話ばかりが収録されているということもあり、多くの方に読まれています。

そのため2016年7月14日には、葬儀屋と納棺師と特殊清掃員が語る不謹慎な話が発売されています。

葬儀屋と納棺師と特殊清掃員が語る不謹慎な話を無料トライアル実施中のU-NEXTから電子書籍で購読

2019.10.14

葬儀屋と納棺師が語る不謹慎な話の内容

葬儀屋と納棺師が語る不謹慎な話の具体的な内容に関してはここで公開することはありませんが、U-NEXTの商品紹介で公開されている内容であればネタバレにならないので、引用して下記に記載させていただきます。

孤独死・自死・事故死etc.――人の数だけ遺体がある。『おくりびと』では描かれなかった死の現場の真実!!<葬儀屋と納棺師が墓場まで持って行きたい話を成仏させます>・腐りかけた遺体のにおいはべったら漬け・ウジ虫の成長でわかる死後の日数・水死体のおなかにびっしり張り付いた貝・看護師を色仕掛けして仕事をとるイケメン葬儀屋・海水に長期浸っていた遺体はワックス人形・ここでは死ぬな!こたつ&ホットカーペット・船上結婚式中に発見された水死体・消費税アップの前に死んでもらいたい親族たち・遺骨を宅配便で送るバチあたり遺族★単行本カバー下イラスト収録★

おくりびとでは描かれなかった死の現場の真実というのに興味が湧きませんか?
葬儀の現場は映画や小説よりも奇なりなのです。

興味がある方は、サンプルを読んでみてください。
サンプルはU-NEXTに申し込みをしなくても読むことができますよ!

葬儀屋と納棺師が語る不謹慎な話を無料トライアルのU-NEXTから購読!

葬儀屋と納棺師が語る不謹慎な話は、書店からの購入よりも、電子書籍としてお読みいただけるU-NEXTからの購読をオススメします。
電子書籍であればスマートフォンやタブレット、PCだけでなく、ご自宅のテレビでも読むことができるのでとても便利です。

通常、電子書籍や電子コミックと言うと、Amazonのキンドルや楽天KOBOが有名ですが、電子書籍・動画配信サイトU-NEXTの31日間無料トライアルを利用すれば、無料で付与される600円分のポイントを使って、葬儀屋と納棺師が語る不謹慎な話を格安購読をすることができます。
葬儀屋と納棺師が語る不謹慎な話は、990円分のポイントで購読できます。

31日間の無料トライアル中にU-NEXTを解約すれば翌月から発生する月額料金がかかりません。
是非、U-NEXTの31日間無料トライアルを利用して、葬儀屋と納棺師と特殊清掃員が語る不謹慎な話を電子書籍でご覧になってください。

葬儀屋と納棺師が語る不謹慎な話 U-NEXT視聴ページへ

葬儀の比較は不謹慎ではない!

せれもにスタッフ
葬儀屋と納棺師が語る話の中には不謹慎な物も多いですが、葬儀費用を複数の業者に見積もりを取って比較をし、最安値の業者に依頼するということは不謹慎ではありません。
お亡くなりになられた病院からの紹介で駆け付けた葬儀業者にご遺体を自宅まで搬送することだけを依頼し、葬儀は他の業者に見積もりを取ってから決めるということも然りです。

そもそもブラックボックス化されているとも揶揄されることのある葬儀費用は、病院から紹介を受けた葬儀業者に依頼した場合、相場よりも高いことがほとんどです。
複数の業者に見積もりを依頼して比較してみるとその違いに驚くことでしょう!

故人も残された家族が、自分の葬儀で出費が嵩むことを快く思うはずがありません。
下記の葬儀費用の比較の仕方をまとめたページをご覧になって、負担の少ない葬儀を執り行ってください。

葬儀費用の比較ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です