大型葬とは

大型葬儀の画像

葬儀の種類 : 大型葬

大型葬とは名前の通り規模の大きな葬儀のことを指します。

通常の一般葬では数十人、多くても百人程度の弔問客を想定しているのに対し、大型葬では200~300人、場合によってはそれ以上の人数の葬儀となることがあり、生前に特に交友関係が多かった方、経営者や大企業で一定の地位まで昇りつめた方、また芸能人などが亡くなった際に選ばれることが多いです。

ですので葬儀全体における大型葬の比率というのはせいぜい数パーセントであり、故人としてはもちろん、弔問客としても頻繁に経験することはあまり多くはないでしょう。

しかし基本的な流れは一般葬とはあまり変わらず、せいぜい故人の生前の活躍や業績を紹介したりする司会の話、遺族や友人、関係者の挨拶が多少長い程度で、参列する際の心持ちは通常の葬儀と変わりません。

ただし大型葬は社葬であることも多いので、遺族や関係者など執り行う側はイメージダウンをしないように特に気を張って臨む必要があり、 葬儀業者も大型葬に慣れた業者が選ばれることがほとんどです。

もちろん葬儀規模が大きくなるに比例して費用も大きくなりますが、これは香典で集まる額もそれに比例しますので負担感を感じることは少ないと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です