市民葬・区民葬とは

市民葬・区民葬の画像

葬儀の種類 : 市民葬

市民葬(区民葬)とは市や区などの自治体、そして提携した葬儀会社が共同で葬儀を執り行う形態を指し、市などに死亡届を申請する際に申し込むことができます。

基本的にはその地域に住んでいた、もしくは現在も近親者が住んでいる場合にのみ利用できるのですが、メリットとしてはやはり提携関係によって費用を安くすることができる点です。

自治体によってはさらに補助金を用意している場合もあります。

実際、市民葬は少しでも市民の経済的負担を軽くする、といった発想から生まれたものでもあるので、所得制限も特に設けられておらず、葬儀にあまり費用をかけられない人にとってはたいへんありがたいものなのです。

ただしそういうこともあって一般葬などと比べると質素な内容になることが多いですし、ある程度の規模にしようとしてオプションで様々なものを追加すると、その分費用が加算されていくことになります。

提携を結んでいる葬儀会社というのは、各自治体から一定の基準を満たしていると判断された業者ですので、問題が発生することはありませんが、そういった優良業者は自社でもリーズナブルな料金設定の葬儀を提供しているので、どちらを選べばより安価になるのか、といった点はケースバイケースとなります。

また注意しなければならない点として市民葬ではほぼ仏式となることであり、その他の宗教の様式を行うのは現状ではかなり困難となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です