家族葬とは

家族葬の画像

葬儀の種類 : 家族葬

家族葬とは従来の葬儀のようにこれまでほとんど交流のなかった地縁関係、故人の仕事関係者などを招かずに家族と親しい親族、せいぜい故人の親友のみで執り行う葬儀のことを指します。

冠婚葬祭に関するセレモニーというのはとかく形式ばったものとなりがちで、故人をしのぶことが第一義であるはずの葬儀なのに遺族が弔問に訪れた方達に必要以上に気遣いするシーンがこれまで多く見られてきました。

そういった点に疑問を持つ方というのは以前から多く存在していましたし、また日本の都市化に伴い、かつてのような地縁を大切にするライフスタイルが薄まってきたこと、核家族化や少子化、死生観に対する考えの多様化などが折り重なった結果小規模ながら本当に故人とその死を悲しむ方達のみの葬儀を行おうとする考え方が徐々に浸透していき、今現在では家族葬を選ばれる方達が年々増加しているのです。

葬儀の流れは通常の一般葬に基づいていますが、故人に対しての想いや悲しみなど、人が亡くなってしまったことによって沸き起こる当然の感情をくみ取ったセレモニーが遺族と故人の要望を踏まえて行われることが特徴で、これまでの形式ばった一般葬よりも平均してより心に残る葬儀となる場合が多いです。

家族葬は規模が小さいので葬儀にかかる費用も安くなることが多いですが、弔問客が少数であるため香典の額も少なくなり、必ずしも安価で済ますことができる葬儀ではないことは覚えておかなくてはなりません。

また故人と付き合いが深かったと思っていた方に葬儀の知らせを届けなかった場合、禍根を残してしまう可能性はゼロではないのも覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です