直葬とは

直葬の画像

葬儀の種類 : 直葬

直葬とは通常の葬儀のように通夜や告別式を行わずにすぐにご遺体を火葬場まで運ぶスタイルで、火葬式と言う場合もあります。

葬儀の間はせいぜい1~2名の葬儀会社のスタッフの付き添いがある程度で、僧侶がご遺体の安置所や火葬場でお経を唱える意外は一切のセレモニーや式典を省略化しており、人件費や用意する物品の関係から一般葬や家族葬などと比較するとかなり費用が安価になります。

また希望すれば僧侶の読経も省略でき、その場合はさらに費用を浮かせることができるのです。

都市部などで地縁があまり重要視されないエリアでは家族葬と同様に選ばれることが多いですが、直葬を選ぶ一番大きな理由は、やはり経済的に葬儀費用を用意することが難しい、といった事が挙げられます。

その他では家族間の関係がうまくいってなかったりする場合でも選ばれることがあり、これは人間の最期の光景としては寂しい印象があるとはいえ、葬儀は故人の生前の生き方が強く反映されるもの、ということが表れていると言えるでしょう。

気になる直葬にかかる具体的な金額ですが、平均して20~30万円程度となっているようです。
葬儀会社の中には10万円で行えると喧伝している業者もありますが、ドライアイスや棺などの直葬であっても必要な物品が計上されていない数字であることがほとんどですので注意しましょう。

すぐに火葬場に持っていくはずなのにドライアイスが必要な理由としては、ご遺体は死後24時間火葬せずに安置しなければならない法律があるためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です