斎場とは

葬儀専門用語を解説する葬儀マナーの達人画像

葬儀の専門用語 / 斎場とは

斎場(さいじょう)とは、葬儀関連用語としては2つの意味で使われていて、ひとつは「葬儀を行う式場」で、もうひとつは「火葬場」のことを言います。
もともと斎場という言葉は神道用語であり、神を祀る場所や神道の儀式を行う場所のことを指していました。

現在は、葬儀を行う場所火葬場を示す言葉として使われることが一般的です。
斎場には2種類の意味があり、分かりにくいという声も聞かれますし、注意が必要です。

たとえば神奈川県秦野市にある「秦野斎場」は火葬場であり、同県藤沢市にある「藤沢市斎場」は公営の葬儀式場です。

せれもにスタッフ
斎場とは、現在一般的に「葬儀を行う場所」または「火葬場」を意味する言葉として使われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です