経案とは

葬儀専門用語を解説する葬儀マナーの達人画像

葬儀の専門用語 / 経案とは

経案(きんあん)とは、曹洞宗など禅宗で使われる経机を意味する言葉です。
経案の「案」という字には、「台」という意味があります。
経案は、読経をするときに経本を置いておく台として使用されます。
他宗派で使用される経机と外観や機能に違いがあるわけではなく、呼称が異なるだけです。

せれもにスタッフ
経案は、禅宗で使われる経机の呼び方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です