遺族とは

葬儀専門用語を解説する葬儀マナーの達人画像

葬儀の専門用語 / 遺族とは

遺族(いぞく)とは、亡くなった方の後に残された家族のこと。
遺族の範囲は、故人と生計を共にしていた配偶者(夫・妻)・子・父母・祖父母・兄弟姉妹です。

遺族が葬儀ですべきこと

遺族は葬儀を執り行う主催者などを担い、故人にかかわる手続きを行います。
法律的な面では、保証や給付金が発生する場合などがあります。

葬儀では弔問客とは異なるなるマナーなどがあるので、お客様に失礼のない振る舞いを覚えておくと良いでしょう。
例えば
・喪服(正式礼装)
・ご挨拶(喪主の挨拶など)

です。

遺族と付く言葉

・遺族年金
・遺族基礎年金
・遺族厚生年金

遺族についてのまとめ

葬儀などで、葬儀社が「ご遺族様」と呼んでいるのを耳にしている方が多いでしょう。遺族は故人が亡くなった悲しみにひたる間もなく葬儀の準備があるので気が張っていますが、くれぐれも無理をしないことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です