遺影写真とは

葬儀専門用語を解説する葬儀マナーの達人画像

葬儀の専門用語 / 遺影写真とは

遺影写真とは、葬儀の際、祭壇に飾る故人の写真のことです。
そして、葬儀が終わると遺影写真は部屋に飾られたり、仏壇の近くに飾られ、先祖代々の遺影写真が飾られることが一般的です。

遺影写真は何枚選べば良いのか

1枚に選びきれない場合は2~3枚選んでも大丈夫です。
複数になった場合は、葬儀で使う用・葬儀後に部屋に飾る用・兄弟などで飾る用にしてもかまわないので、その旨を葬儀社に伝えましょう。

どんな遺影が良いのか

遺影は何年も飾られるので、その人らしい表情が出ているものが望ましいですし、最近では、朗らかな笑顔の写真が使われるようにもなってきました。
基本は上半身から上が写っている、「故人がある程度アップ」が良いですが、ピントが合っている物を選んでください。

また、カラー写真が主流になっています。

故人が一人で写っている写真が見つからない場合

特に男性に多い問題のようですが、笑顔で一人で写っている写真がない場合は多いようです。
小さな写真を拡大して使用することもできますので、葬儀社に相談してみましょう。
多少荒くなりますが、近くで見なければ気にならないこともあります。

遺影写真の悩み

・ピントが合ってない写真ばかり
・選ぶ時間がない
・最近の写真がない
・デジタルのデーターが多すぎる

このような問題も含め、終活の一部として生前に写真の準備をされる方が増えてきました。

理由は
・自分が亡くなった時に、身内に手間をかけさせたくない。
・不細工な写真を飾ってほしくない

などのはっきりとした理由から生前遺影写真を用意されるようです。

最近では、プロのカメラマンや、メイクアップもセットになった写真撮影のサービスがあり、お手頃価格で撮ってくれるので、自分が気にいっている服を着たり、ペットと一緒に撮ったりすると、とても満足が出来、家族の思い出になりますのでお勧めです。

遺影写真はいつから始まったのか

古くは葬儀の際には写真を飾ることはなかったのですが、このような説があります。

  1. もともと日本では家族の肖像を飾る習慣のなかったが、日清・日露戦争の影響で、戦死した息子の肖像や写真を飾るようになった。
  2. 明治16年の岩具視の葬儀に、明治天皇の命令の元、絵師によってその模様を絵巻に描かれ、それが葬儀での肖像画の前身になった。
  3. 岩手県の寺院では古くは肖像画を奉納される習慣があったとされる。

また、江戸時代の歌舞伎役者などが亡くなったときに訃報と追善の意味をもって作られた絵でした。これが遺影の原型だという研究もあります。(歴史系総合誌「歴博」第151号参照)

遺影写真についてのまとめ

昔とは違い、遺影写真には最近のものを、というような考えではなくなってきました。
70歳代の方の遺影に30歳の頃の写真を使用したり、本人や家族の思い入れを尊重した写真を選ばれることも一般的になっています。
終活や誕生日をきっかけに遺影写真のことを考えるのも良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です