永代使用とは

葬儀専門用語を解説する葬儀マナーの達人画像

葬儀の専門用語 / 永代使用とは

永代使用(えいたいしよう)とは、永い時代・世代にわたって墓地や霊園の一部の土地を使用することです。

「お墓を買う」と言いますと、「お墓を建てるための土地と墓石を買う」という意味だと思っている方が多いのですが、これは正しくありません。
「墓石は買う」で間違いありませんが、お墓を建てるための土地は、土地そのものを買うわけではなく、使用料を支払って土地を使用する権利を得るのです。

一般的な賃貸借契約とは異なりますが、簡単な言い方をすれば“借りる”ということです。

ですから転売は出来ませんし、もし墓じまいをする場合には更地にして(原状回復をして)墓地や霊園に返還することになります。

永代使用をするために墓地や霊園に納める費用のことは、「永代使用料」と言われます。
お墓を建てるための土地は“買う”のではなく、「借りる」ものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です