心づけとは

葬儀専門用語を解説する葬儀マナーの達人画像

葬儀の専門用語 / 心づけとは

心づけ(こころづけ)とは、お葬式を行うときに葬儀に関する業務を行う従業員や職員に対して、感謝や御礼などの気持ちを込めて渡す金銭のことです。
葬儀に関する業務を行う従業員や職員とは、たとえば葬儀社スタッフ、料理の配膳係り、霊柩車の運転手、タクシーやマイクロバスの運転手、火葬場職員などです。

ただし公営の火葬場については、心づけを職員が受け取ることを禁止しているところが一般的になっています。
心づけは「寸志(すんし)」「志」と書かれた小さな袋に現金を入れて対象者に渡します。
金額的には3,000円~5,000円が相場です。

せれもにスタッフ
心づけとは、葬祭関係の従業員や職員に対して渡す金銭のことです。
地域によっても心づけの習慣は異なりますので、実際の葬儀では葬儀社の担当者に相談してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です