告別式とは

葬儀専門用語を解説する葬儀マナーの達人画像

葬儀の専門用語 / 告別式とは

告別式(こくべつしき)とは、亡くなった方とお別れを行う儀式です。
通夜の翌日に、葬儀式・告別式が行われますが。一緒に表記されるものの、葬儀式と告別式は別物です。

葬儀式は、故人をあの世へ送り出すという宗教的意味を持っているのに対して、告別式は故人と、故人と縁のあった人達がお別れをするという社会的意味を持っています。
葬儀式は宗教的な意味がありますが、告別式には宗教的な意味はありません。

本来は、葬儀式のあとに告別式が行われるのが基本でしたが、現在は葬儀式と告別式が一部同時進行で行われることが一般的です。
参列者がひとりひとりの焼香、弔事の奉読、弔電の紹介、棺の中にお花を納める部分、遺族親族の代表挨拶などは告別式に該当します。

せれもにスタッフ
告別式とは亡くなった方とお別れを行う社会的な儀式であり、宗教的な意味合いを持つ葬儀式とは別物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です