四十九日とは

葬儀専門用語を解説する葬儀マナーの達人画像

葬儀の専門用語 / 四十九日とは

仏教において四十九日(しじゅうくにち)とは、逝去日から49日目の四十九日法要を行う日のことを意味します。
四十九日法要は、その他、満中陰法要(まんちゅういんほうよう)忌明け法要七七日法要大練忌(だいれんき)などと呼ばれます。

仏教では輪廻転生(りんねてんしょう)、六道輪廻(ろくどうりんね)という考えがあり、人は亡くなられると死出の旅路へと向かい、49日目にどの世界に生まれ変わるのか決まるとされています。

生まれ変わる世界とは、天、人間、修羅(しゅら)、畜生(ちくしょう)、餓鬼(がき)、地獄の6種類です。
この6種類の世界のことを、六道(ろくどう)と言います。
今、私たちが生きているのは、六道のうち「人間」の世界です。

さらに、この六道の輪から外れたところに一番良い世界とされる極楽浄土があります。
故人が最終的に目指す世界は極楽浄土です。

49日間の旅路の中で、故人は7日ごとに不動明王(ふどうみょうおう)などの十三仏(じゅうさんぶつ)から、極楽浄土を目指すにあたり心構えや過ごし方などの教えを授かります。
また一方で、7日ごとに、故人は生前の行いに対して、閻魔大王などの十王(じゅうおう)から審判を受けるとされています。

そして49日間、審判のある7日ごとに法要が行われます(忌日法要)。
法要には、残された方々が追善供養を通じて、寛大なる審判をお願いするという意味があるのです。

忌日法要の中で特に重要視されるのは、初七日法要と四十九日法要です。
初七日法要と四十九日日法要が特に重要視されるのは、初七日法要は旅の始まりの日であり、そして四十九日法要は、故人がどの世界に生まれ変わるのか、どのような条件で生まれ変わるのかという審判が下される日であるためです。

せれもにスタッフ
四十九日とは、仏教において亡くなった日から49日目の四十九日法要が行なわれる日を意味し、49日目は故人が来世にどこに生まれ変わるのかが決まる重要な日とされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です