明日への遺言はU-NEXTの31日間無料トライアルで視聴可能!

明日への遺言動画配信画像

死をテーマに扱った映画 明日への遺言

せれもにスタッフ
せれもにスタッフという立場上、死について考えさせられることが多いです。
そんな私が今回ご紹介する映画は、死をテーマに扱った「明日への遺言」です。

B級戦犯として裁かれた岡田資中将の法廷闘争とその家族の絆を描いた作品です。
最後まで見ると、なぜ「明日への遺言」という作品名になったのかがわかります。

U-NEXTで今すぐ視聴することができますので、是非、ご覧になってください。

※明日への遺言は、2019年11月30日 23:59までU-NEXTで配信予定となっています。2019年9月11日現在では、31日間無料トライアルの見放題作品に指定されているため、トライアル期間内は無料で視聴することが可能です。

明日への遺言とは

明日への遺言という言葉からは、輝かしい未来をイメージできるかもしれません。
ですが、明日への遺言の舞台は第2次大戦後。

敗戦国となった日本は、無情な戦犯裁判にかけられますが、藤田まことが演じる主人公の岡田中将はまさにその一人です。
B級戦犯として裁かれた岡田資中将の法廷闘争は、切ないを通り越して怒りさえこみあげてきます。

実際に戦後の日本で実在した話だけに、涙せずにはいられません。
そう、明日への遺言の原作は、大岡昇平のノンフィクション小説である「ながい旅」なのです。

監督は小泉堯史さんで、藤田まことさんの他、西村雅彦さんや蒼井優さんも出演しています。

明日への遺言のネタバレストーリー

動画配信公式サイトのU-NEXTでは下記のように明日への遺言のストーリー(あらすじ)が公開されています。
少しネタバレしてしまいますが、ご覧ください。

第2次大戦中、名古屋を無差別爆撃したとして、東海軍司令官・岡田資中将は撃墜したB29の搭乗員を略式裁判で処刑した。戦後、岡田は裁判にかけられ、殺人の罪に問われる。岡田は、すべては司令官である自身の責任として、ひとり法廷で闘い続ける。

ストーリーの主要な部分は全てここに集約されています。
思わず2回上記のあらすじを読み返した方は、明日への遺言を視聴してみてください。
きっと興味の湧く作品のはずです。

明日への遺言は動画で無料視聴が可能!

明日への遺言は、2007年に上映された映画です。
すでに10年以上が経過しました。

レンタルビデオ屋さんでの扱いもほぼないと思われますので、視聴したい場合はAmazonでDVDを購入するか、Yahoo!映画での視聴、もしくはU-NEXTという動画配信サイトで視聴するかのいずれかとなります。

私のオススメは31日間のお試し視聴を利用すれば、無料で見ることができるU-NEXTです。
現時点(2019年9月11日)では、動画配信サイトU-NEXTの31日間無料トライアルの見放題作品に指定されているため、期間内は無料で視聴することができるからです。

もちろん31日間の無料トライアル中にU-NEXTを解約すれば料金はかかりません。
他の見放題作品を視聴した場合も同様です。

そしてU-NEXTからの視聴であれば、ご自宅のテレビやPCで視聴もできますし、場所を選ばないスマホやタブレットでの視聴も可能です。

理不尽な戦犯裁判の実情と、それに伴う無情な死。
そんなテーマに真正面から挑んだノンフィクション映画を是非、ご覧になってください。

明日への遺言 U-NEXT視聴ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です