ぼくを葬る 動画配信U-NEXTの31日間無料トライアルで視聴!

ぼくを葬る動画

終活映画 ぼくを葬る

せれもにスタッフ
当ページは葬儀や終活をテーマにしている映画をご紹介しているページです。
今回ご紹介するのはフランスの終活映画「ぼくを葬る」です。

余命3カ月と知った男性が主人公の泣けるストーリーです。
日本の流通ジャーナリストでテレビにも引っ張りだこだった金子哲雄さん終活を想起させるような内容に私もハンカチ無しでは見ることができませんでした。

2005年にフランスで配給された映画ですが、現在は日本でも見ることができます。
動画配信サイトのU-NEXTでR15指定作品として配信されています。

※「ぼくを葬る」は、2019年12月31日 23:59までU-NEXTで配信予定となっています。2019年9月10日現在では、31日間無料トライアルの見放題作品に指定されているため、トライアル期間内は無料で視聴することが可能です。

ぼくを葬るとは

葬る(はうむる)とは、死体・遺骨を墓所などにおさめることを指します。
つまりぼくを葬るとは、自分自身の間近な死と向き合うこと。

フランス映画のぼくを葬るは、余命3カ月と知った男性が自らの死と向き合いながら過ごす最期の時間を描いたドラマです。

フランソワ・オゾン監督が自分自身を主人公に投影したということで話題になった作品です。
メルヴィル・プポーやジャンヌ・モローが出演しています。

自らの死を覚悟した人間はまるで悟りを開いたかのように強いのでしょうか。
余命3ヶ月と知っているとは思えないような落ち着き。
とても穏やかな心でいる主人公の様子を見ていると自然と涙が溢れてきます。

ぼくを葬る ネタバレストーリー

フランス役者の演技力にも感動しましたが、演技に感動できたのは俊悦なストーリーあってこそ!
ぼくを葬るストーリー(あらすじ)を一部だけ公開させていただきます。
公式動画配信サイトからの引用ですので、ネタバレしすぎないですが、ストーリーを全く見ない状態で視聴したい方はここを読み飛ばしてください。

売れっ子フォトグラファー・ロマンは、31歳の若さでがんに侵され、余命3カ月と宣告される。祖母以外の家族にはがんを秘密にし、恋人と別れ、ロマンは孤独と死に向き合い始める。そんな中、彼はカフェで働く女性・ジャニィからある申し出を受ける。

「ぼくを葬る」は動画で無料視聴が可能!

先に述べましたが、フランス映画ではあるものの動画配信されている「ぼくを葬る」は、日本にいながらにして視聴することが可能です。
動画配信サイトU-NEXTからの視聴なので、ご自宅のテレビやPCで視聴もできますし、場所を選ばないスマホやタブレットでも問題ありません。

しかも現時点(2019年9月10日)では、動画配信サイトU-NEXTの31日間無料トライアルの見放題作品に指定されているため、15歳以上であれば期間内は無料で視聴することができます。
31日間の無料トライアル中にU-NEXTを解約すれば料金はかかりません。

終活とは一体どのようなものなのか、それは美しい終活を見ることのできる「ぼくを葬る」でご確認ください。
視聴後には胸を締めつけられるような余韻が漂うはずです。

ぼくを葬る U-NEXT視聴ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です