寺院とは

寺院の画像

葬儀社・斎場の種類 : 寺院

寺院とは宗教施設であり、基本的には礼拝堂と僧侶が修行したり宿泊できる設備を備えています。

お寺と院の違いですが、実は明確な区切りはなく、それぞれの施設に付けられている寺号、院号から通称をとって○○寺、○○院と呼称しているのです。

寺院の業務ですが、住職や在籍している僧侶は葬儀をはじめとした法要の際の読経や説法を行いますし、また堂を葬儀や各種法要の開催場所として貸し出すこともあります。

それ以外にも檀家のお墓、そして広い敷地を利用して駐車場や保育園を運営している場合はそちらの管理、維持、運営も重要な業務となります。

大きな規模の寺院では法要以外の営業活動、事務的な作業を専門スタッフを雇用して行っていることもあり、特に観光名所ともなっている有名寺院ではその職員の数も比例して多くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です